受賞

英フィナンシャル・タイムズが調査パートナーであるRSG Consultingと共同で主催する、イノベーティブ・ロイヤーズ賞(アジア太平洋)の授賞式が、2021年5月13日(木)にオンラインにて行われ、当事務所の経営会議議長である保坂雅樹弁護士が、アジア太平洋地域における「最も革新的な法律事務所のリーダー」に選ばれました。

受賞に対する保坂のコメント:
“I’m thrilled to receive this award, which comes at the conclusion of my ten years as managing partner. Of course, this award, and our other awards, coverage and recognition by the Financial Times of our shortlisted lawyers and teams, belong to everyone at our firm. They speak to our firm’s pioneering spirit, our commitment to our clients and our innovative solutions to the unprecedented challenges of this past year.”

また、当事務所は「ダイバーシティ&インクルージョン」の部門においても受賞し、さらには、昨年に引き続き本拠地が非英語圏の法律事務所としても唯一、「アジア太平洋地域における最も革新的な法律事務所(最優秀賞)」のトップ10に選ばれました。

フィナンシャル・タイムズによるこちらの授賞式は、法曹界において国際的に非常に定評のあるプログラムであり、最も革新的・創造的・戦略的な事業を展開する法律事務所や弁護士を表彰します。また、当事務所は法律事務所の中で最多のノミネート数を獲得いたしました。

当事務所および当事務所の弁護士は以下の各賞においても高い評価を受けました。

Individual leader: Winner
保坂雅樹

FT Report: Law firm leaders ready for radical change

Diversity and inclusion: Winner
Nishimura & Asahi

FT Report: Australian law firms address lack of Aboriginal recruits

Practice of law - Digital Advisers: Commended
武井一浩
FT Report: Digital thinking spreads across Asia’s law firms
     Cross-border deals need broad skills in time of trade war and pandemic

Moving the market forward: Commended
太田洋

FT Report: Law firms chase a piece of the crypto action
FT News: Japan Inc braced for fresh hostile bids

Innovative individual: Spotlight
小口光

FT Report: Seven individual takes on rethinking legal practice