危機管理ニューズレター

私は、検事在職中だった2019年11月から2020年10月までの約1年間、オランダに所在する国際刑事裁判所(以下「ICC」という。)に派遣され、客員専門家として勤務しました。私が派遣された当時、ICCの認知度は低く、検察庁内でもその存在すら知らない人も少なくありませんでした。ところが、2022年2月のロシアのウクライナ侵攻以来、日本の国内外において、ICCに対する注目がかつてないほど高まっています。ウクライナをはじめ世界各国から、ウクライナにおいてロシアが行っている行為はジェノサイド(集団殺害犯罪)や戦争犯罪であり、ICCがこれを捜…続きは下記PDFファイルからご覧ください。

トピックス

I. 国際刑事裁判所による企業活動の訴追可能性について(小一原潤
II. スペック・インにかかる独禁法上の確約計画(木目田裕
III. 最近の危機管理・コンプライアンスに係るトピックについて(木目田裕宮本聡西田朝輝松本佳子梅澤周平

配信申込・変更フォームへ