企業法務ニューズレター

2019年2月に、香港政府が逃亡犯条例改正案を発表したことに端を発し、香港では、デモが拡大し、警察との衝突が相次ぎました。また、2020年6月30日、中国の全国人民代表大会常務委員会で香港国家安全維持法が可決され、成立したことを受けて、各国から、香港の一国二制度が崩れたとの懸念が示される事態が生じました。このような中、米国の議会や政府は、中国の動きに対抗する形で、以下の一連の措置を講じています。2019年11月27日:米国香港人権・民主主義法(Hong Kong Human Rights and Democracy Act)の成立、2020年 5月29日:トランプ大統領が香港に対する優遇措置の…続きは下記PDFファイルからご覧ください。

配信申込・変更フォームへ