個人情報保護・データ保護規制ニューズレター

データ保護法:2020年の振り返りと2021年の要対応ポイント(2020年12月23日号)

個人情報保護・データ保護規制ニューズレター

トピックス

I. データ保護法:2020年の振り返りと2021年の要対応ポイント(石川智也津田麻紀子)
II. 個人情報保護・データ保護規制 各国法アップデート (岩瀬ひとみ松本絢子石川智也河合優子村田知信)

データ保護法の分野は大きなアップデートが続いており、日本企業にとって2021年は「プライバシー・ビッグイヤー」となる可能性を秘めている。特に、(1)個人情報保護法の2020年改正、(2)SCC改定に伴う既存のSCCの廃止と改定版SCCの巻き直し、(3)CCPAを大幅に規制強化したカリフォルニア州プライバシー権法(CPRA)の成立の影響を受ける企業は多い。また、日・米・欧の3極を中心としてグローバル対応が必要なデータ漏えい事案や、当局による執行・データ主体による権利行使事案が増加しており、2021年こそは、各国のデータ保護法への対応の方向性に目途を付ける…続きは下記PDFファイルからご覧ください。

 

配信申込・変更フォームへ