金融ニューズレター

Airport Council Internationalによれば、2010年時点でヨーロッパにおける全航空旅客数のうち約22%が、民間会社が資本参加する空港を利用していた一方で、2016年の時点ではその割合は約40%に増加していることが報告されています。現在ではその割合はさらに高くなっているものと思われます。空港運営事業 へ民間資本が流入することにより、それまで公的なインフラストラクチャーとしての意義しか有さなかった空港運営事業が商業化され、それによ…続きは下記PDFファイルからご覧ください

配信申込・変更フォームへ