金融ニューズレター

近時の「世界に開かれた国際金融センターの実現」に向けた取組みについて~ キャリード・インタレストに関する税務上の取扱いの明確化、海外投資家等特例業務・移行期間特例業務の創設を中心に ~(2021年7月5日号)

金融ニューズレター
弁護士等
河俣芳治下田顕寛
掲載
2021年07月05日
業務分野
アセットマネージメント/ファンド

現在、政府は、世界に開かれた国際金融センターとしての日本の地位を確立することを目指すと宣言し、海外の資産運用業者等の参入促進を中心として、日本の国際金融センターとしての機能を高めるための諸施策を進めています。菅首相は、2020年10月に行った所信表明演説において、「海外の金融人材を受け入れ、アジア、さらには世界の国際金融センターを目指します。そのための税制、行政サービスの英語対応、在留資格の緩和について早急に検討を進めます。」との方針を示すとともに、「国民の命と暮らしを守る安心と希望のための総合経済対策」…続きは下記PDFファイルからご覧ください。

配信申込・変更フォームへ