LAWYER INTERVIEW

弁護士インタビュー

業務分野の枠を超えた活躍

築留 康夫(59期) / パートナー弁護士

TOPIC 01

入所理由

父親や親戚の多くが事業をしていたこともあり、弁護士を目指す一方で、もともとビジネスに興味がありました。したがって、企業法務に携われればと考えていたところ、先輩や知人から、多くの大手企業をクライアントに持っており、大規模で難しい案件をしている東京の大手事務所を勧められました。そこで、大手事務所に絞って就職活動をしたところ、当事務所が最も多種多様な人材が揃っており、かつ、それぞれの個性を尊重してくれるような印象を受け、ここなら自分の個性も活かして弁護士として成長できると思ったことから、当事務所を選びました。

TOPIC 02

入所当時の分野、
案件と変更の経緯

就職活動時に説明を受けた、国際的で大規模なプロジェクトファイナンスの分野に興味を持ったことから、ファイナンス分野を希望しました。しかしながら、2006年の入所当時は、その後のリーマンショックにつながる世界的な金融不況の影響で、事業再生案件やそれに関連するM&A案件に関与する機会が多くあり面白かったため、最初の2年はファイナンス案件に加えて、事業再生案件・M&A案件にも従事していました。その後、3年目になるところで、事業再生案件を主軸としていくことを決意して、事業再生チームに移籍しました。

TOPIC 03

指導担当
パートナー制度や
事務所の
バックアップ体制

当事務所の制度として、最初の2年間は、各新人弁護士に数名のパートナーが指導担当としてつき、主に指導担当パートナーやそのチームの先輩弁護士の指導を受けながら、弁護士としての基礎を身に付けることができます。
私もファイナンス分野のパートナーが指導担当になりましたが、ファイナンス案件よりも、むしろ事業再生案件・M&A案件を担当することが徐々に増えていきました。
学生の方達は、当事務所が指導担当制を採用していることにより、他のパートナーの案件や他の業務分野の案件をすることが制約されるのではと懸念される方もいるようですが、全くそのようなことはなく、指導担当のパートナーは私の意向を尊重して、自由に色々な案件に関与させてくれました。
このようなケースは、当事務所では珍しいことではなく、私以外にも多くの弁護士が専門分野を変え、元々の業務分野の案件で培ったスキル・経験を活かしながら活躍しています。

TOPIC 04

仕事のこだわり、
やりがい

法的な専門知識があることは弁護士として当然であり、そのこと自体には弁護士としての付加価値はないと思っています。
特に事業再生案件など、企業の生死に関わるような案件では、法的リスクもつきものですが、そのような案件で、単に「こういうリスクがあります。」というアドバイスをすることは誰にでもでき、むしろ有害とさえ思っています。
法的リスクが高く弁護士としても痺れる局面でこそ、逃げることなく、案件全体を見据え、取れるリスクなのか、どういう解決策があるのか、という前向きかつ積極的なアドバイスをするように心がけています。

PRIVATE

プライベートの過ごし方について

独身の頃は、所内のゴルフ部・スキー部に所属し、時間をやり繰りして、定期的に開催されるゴルフコンペやスキー合宿に参加していました。また、事務所の先輩や後輩と、仕事の合間によく飲みに行ったり、ゴルフに行くなど、寝る間も惜しんでプライベートも充実させていました。
結婚後は、週末は極力仕事をしないようにして子供と一緒に過ごす時間を作るようにしています。