LAWYER INTERVIEW

弁護士インタビュー

基礎的な研鑽を積み高い技術を
身につけるために最適な環境

玉虫 香里(71期) / アソシエイト弁護士

TOPIC 01

入所理由

私が当事務所に入所することを決めた理由は様々ありますが、大きかったのは次の2点です。
まず、第1の理由は、当事務所が「『法の支配』を礎とする豊かで公正な社会の実現」という基本理念を掲げており、こうした社会を実現するため、各弁護士が自らの専門性を活かし、自らの職務が提供できる価値を真摯に考えて、日々の執務にあたっているためです。リクルート期間中に出会った当事務所の弁護士からは、当事務所の基本理念やその実現のために取り組んでいる業務の内容について、真摯かつ率直な話を聞くことができ、私自身も、そのように日々行動できる弁護士になりたいと考えるに至りました。
第2の理由は、当事務所には、弁護士としての研鑽を積み、基礎的な素養を含む弁護士としての高度な技術を身に付けるために最適な環境が整っているためです。2年間の指導担当パートナー制度を中心とする若手弁護士の教育体制が整っていることや、サマー・アソシエイトなどを通じて考え方や仕事へのスタンスを含めて一緒に働きたいと思える多くの弁護士に出会え、実際に入所してからもその方々と一緒に働けるという点には、とても魅力を感じました。

TOPIC 02

指導担当
パートナー制度と
案件への関与の仕方

指導担当パートナー制度により、所属するプラクティスグループに軸足を置いて、パートナーから修習期が近い先輩弁護士まで、グループ内の様々な弁護士から継続的な指導を受けることができるため、この制度は、若手弁護士が基礎的素養を身に付けるためにとても有益だと感じています。他方で、この制度は、個々の弁護士の業務分野を制限するものではありません。私自身、所属するプラクティスグループの弁護士とだけでなく、他のプラクティスグループの弁護士や指導担当以外のパートナーとともに、M&A、ジェネラルコーポレート、独占禁止法及び訴訟を含む様々な案件に携わっていますが、若手のうちからそのように多様な案件や仕事のスタイルに触れることができる点は、弁護士としての成長のために重要であると実感しています。

TOPIC 03

仕事のこだわり、
やりがい

何よりの仕事のやりがいは、クライアントのビジネスを発展させるために最適な法的アドバイスを届けることです。日々の企業活動はスピードが速く、会社の判断や行動には常に迅速性・機動性が求められると常々感じています。そのような状況の中で、クライアントに対して、適時適切なアドバイスを届けることができたときには、非常に大きなやりがいを感じます。当事務所には、幅広い専門性を持つ弁護士及びスタッフにより構成される強いチームがあります。それぞれが求められている役割をきちんと果たすことを通じて、チームとして質の高いリーガルサービスを提供することができたときの達成感は非常に大きく、仕事の原動力となっています。

TOPIC 04

将来の展望

クライアントの抱えている問題に向き合って、いつでも適切なアドバイスができる弁護士になるために、日々研鑽を積んでいます。変化の多い現代においては、企業活動やそれを取り巻く法制度の変化のスピードも速く、また、これまでに検討したことのないようなビジネスの問題が日々生じています。こうした問題に対して、クライアントが抱える問題に真摯に向き合い、クライアントのビジネスを支え、後押しできる実力を身に付けたいと思っています。若手のうちから、多様な案件に携わり、様々なタイプの弁護士・クライアント・関係者と一緒に仕事をさせて頂いたことを通じて、業務の幅も更に広がってきたと感じています。これからも色々な案件にチャレンジすることで、弁護士としての技術を磨いていきたいです。

PRIVATE

プライベートの過ごし方について

休日は、読書をしたり、ジムに行ってヨガをしたりと、とにかく気ままに過ごしてリラックスする時間を大切にしています。気が向いたときには、週末の時間を使って、気分転換のために旅行に行くこともあります。普段は訪れない場所に赴き、いつもと違う景色を見ることで、気分をリフレッシュすることができます。