書籍

社外取締役の教科書

書籍

弁護士等
太田洋(著者)
出版社等
中央経済社
3,100円(税別)
発行
2020年12月
業務分野
コーポレートガバナンス株主総会

太田洋弁護士が執筆に参加した『社外取締役の教科書』が中央経済社から出版されました。本書は、日本取締役協会主催の講義などをもとに、モニタリングの方法や経営者に意見する心構え等に関する諸点に加え、上場会社のガバナンスに関するハード・ローおよびソフト・ロー双方の観点からの規律内容等の解説や、社外取締役の活動支援のためのサポート体制を含む取締役会の活動の概要に関する解説など、社外取締役のための羅針盤となる内容を収録しています。

編:一般社団法人日本取締役協会

書籍詳細

第1章 日本企業の取締役会の現状と課題、あるべき姿
第2章 社外取締役の義務と責任
第3章 上場会社のガバナンスとコーポレートガバナンス・コード
第4章 目的に合った取締役会の運営
第5章 指名・報酬・監査委員会の目的・役割
第6章 社外取締役にとっての内部統制
第7章 財務諸表の見方入門

関連する書籍