上海

〒200040
上海市静安区南京西路1601号越洋広場40階

Tel:+86-21-5280-3700
Fax:+86-21-6203-0191

お問い合わせ

〒200040
上海市静安区南京西路1601号越洋広場40階

Tel:+86-21-5280-3700
Fax:+86-21-6203-0191

問い合わせる

上海事務所には、中国法務の豊富な実績を有する野村高志弁護士、東城聡弁護士、木下清太弁護士が駐在しております。

上海事務所では、これまで、日系企業の中国進出や、現地企業との事業提携、企業買収等の成功のために尽力すると共に、現地の会社法務・コンプライアンス対応・事業再編・知的財産・労働紛争・危機管理等、企業がオペレーションの中で直面する多種多様な問題の解決に取り組んでまいりました。

当事務所は、海外各国の拠点ネットワークを基盤として、日本、中国その他アジア及び欧米をはじめとする世界各国(法域)間のクロスボーダー案件に長年携わってまいりました。中国プラクティスにおいても、上海・北京・東京各拠点の弁護士及び中国律師の協働に加え、当事務所の日本国内及び海外各拠点とのシームレスな連携や、現地のリーディングファームとの間で築いてきた関係も活かし、最高レベルのリーガルサービスの提供を心がけています。

また、当事務所は、日本最大の法律事務所として、日本法の各業務分野において確固たる実績があり、上海事務所では、国内4拠点(東京、大阪、名古屋、福岡)とも密に連携して、対日投資、日本での事業展開や日本企業とのクロスボーダー取引を検討する中国企業に対して、幅広いアドバイスを提供しております。

地下鉄2号線
静安寺駅 直結
地下鉄7号線
静安寺駅 直結

所属弁護士

中国プラクティスチーム

近年、中国を始めとするアジア地域は、今後の世界の成長センターとしての役割を期待されており、この地域に関する内外の依頼者からのニーズは大きく増加してきました。このため、当事務所は、従来からの欧米に関する国際業務分野に加えて、アジア地域の新興国、とりわけ中国に関する国際業務分野に積極的に取り組んでいます。現在、当事務所は20名を超える日本語・中国語に堪能な弁護士、中国律師、パラリーガル等からなる中国プラクティスグループ(中国大陸、香港等をカバー)を設けており、当事務所の各分野の専門家と連携を取りながら、上記地域に関連する日本国内外の多数の案件に従事しています。

 また、当事務所は、中華人民共和国司法部の許可を得て2010年4月に北京市に事務所を、2014年2月には上海市にも事務所を開設いたしました(現在、北京事務所には日本人弁護士2名、上海事務所には日本人弁護士3名が駐在)。これに併せて、中国のトップクラスの法律事務所との間で相互協力プログラムなどを積極的に実施しており、今後もこの分野での業務対応能力の向上を図っていきます。

最新のニュース