メインコンテンツに移動
  • 中国

事例から学ぶ中国知財紛争の効果的な戦い方

-中国現地における訴訟・紛争実務ノウハウの紹介-

筆者は長年にわたり、中華人民共和国(以下「中国」という)における法務・知財の案件を手掛けており、現在は上海市に駐在して実務に従事している。仕事の中で、中国と日本の法制度や実務の相違点を発見し、新鮮な驚きを感じることがしばしばある。だが多くの日本企業は、その点に対する理解が必ずしも十分ではなく、特に訴訟等紛争案件の対応において苦労させられるケースが多い。本稿では、日本企業の中国における知的財産の権利行使事例を取り上げ、その過程におけるノウハウ、工夫や苦労などを紹介する。特に、中国(外国)ならではの…続きは下記PDFファイルからご覧ください。

こちらの内容はPDFでもご覧いただけます。
中国ニューズレター PDFダウンロード [798 KB]

著者等 Authors

野村 高志

野村 高志 Takashi NOMURA

  • パートナー
  • 上海

20年以上にわたり中国法務を中心に取扱い、数多くの日本企業の対中投資、中国関連のM&A、企業再編・撤退、危機管理、知的財産権、労働、訴訟・紛争案件、および中国企業の対日投資案件で豊富な実績を有する。中国・上海滞在歴は10年を超え、ネイティブレベルの中国語を駆使した、現場での問題解決力がクライアントの信頼を得ている。中国法務・知財分野の執筆書籍・論文・講演は多数に上る。