メインコンテンツに移動
  • 当事務所主催

N&Aリーガルフォーラム

【申込終了】グローバルでのプライバシーガバナンスの実務対応

日時
2023年12月7日(木)10:00 ~ 12:00(9時30分開場) 申込期間:2023年11月15日(水)~2023年12月6日(水)12:00 JST
会場
西村あさひ法律事務所内サンライズ・ホール 大手門タワー10階

※申込者数が定員に達したため、受付を終了いたしました。
多数のお申し込みありがとうございました。

※本講演は、会場開催の、座席数限定のセミナーであるため、マスコミ関係者、法律事務所所属の方、プライバシー・セキュリティ・フォレンジック関連のコンサルタント・ベンダーの方には、参加をご遠慮いただいております。
また、GDPR等の海外のデータ保護法への対応経験を有する中上級者向けのセミナーであることにご留意ください。多く参加の申込みをいただいた場合には、1企業から1名にお申込みを制限させていただく可能性がありますこと、あらかじめご了承ください。


本セミナーでは、企業がグループで各国のデータ保護法を遵守するための視点、対応方針、体制整備の在り方、具体的施策におけるソリューションを解説し、グローバルでのプライバシーガバナンス実現に向けた道筋を示します。具体的には、以下のトピックを中心に扱います。

【プログラム】
・域外適用の考え方と、代理人選任の実務
・グローバルでのプライバシーガバナンスのための組織体制の整備
・グローバルでの統一対応方針の策定
・各国拠点の対応のためのモニタリングモデル
・「グローバルプライバシーポリシー」検討に当たっての実務論点
・ベンダーマネジメントの確立と、データ処理契約のグローバル対応
・越境移転規制の最新動向と、IGDTA(Intra Group Data Transfer Agreement)
・各国での移転影響評価の広がりと、ガバメントアクセスへの対応
・権利行使対応の実務
・グローバルでのサイバー攻撃への対応
・各種ツール(メールサービス、EDR、人事・顧客情報管理システム、内部通報システム等)のグローバル導入に当たっての基本ストラクチャー

講師等 Speakers

石川 智也

石川 智也 Noriya ISHIKAWA

  • パートナー
  • フランクフルト / デュッセルドルフ

欧州拠点であるフランクフルト事務所とデュッセルドルフ事務所の共同代表を務める。ドイツにおいて、欧州でのM&A(スタートアップへの出資案件を含む)、現地拠点のGDPR対応(SCC締結、DPO就任、権利行使・データ漏えい時の対応の支援)、ビジネスと人権・サプライチェーンDD対応、コンプライアンス対応、グローバル内部通報の窓口、欧州レベル・加盟国レベルの規制法調査等、日系企業の欧州進出を幅広く支援している。 各国のデータ関連法制の調査については、80か国以上の法制調査の経験を有し、それ以外の国も含め、世界中に幅広いネットワークを有する。また、優に100社を超えるGDPR対応を支援してきたほか、カリフォルニア州のCCPA・CPRA、中国の個人情報保護法、米国連邦法のCOPPA、タイのPDPA、シンガポールのPDPA、ブラジルのLGPDを含め、各国法の実務対応、そして、グローバルに展開する日本企業の課題である、各国法を踏まえたグローバルでの対応について多くの知見を有する。海外のグローバル企業も多く支援しており、グローバルでのサービス展開のための仕様設計、各種データ関連契約のストラクチャー、データ漏えいへの対応について最先端のプラクティスに基づいたサービスを提供している。

注意事項

*定員に達し次第締め切らせていただきます。
*受付手続き完了後、開催日数日前より順次E-mailにて受講票をお送りいたします。
*お申し込み多数により、ご希望に添えない場合もございます。
*開催日時・場所・内容につきましては、やむを得ない事情により一部変更になる場合がございます。
*会場内での録音・撮影はご遠慮願います。
*法律事務所所属の方、本分野に関するコンサルティング事業を行っている方、およびご登録いただいた情報から所属先の確認できない⽅等(メールアドレスがフリーアドレスや携帯アドレスの⽅等)、当事務所が適切ではないと判断するお申込みについては、個別にご連絡することなくご参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。