個人情報保護・データ保護規制ニューズレター

2022年7月20日、米国の連邦レベルでの個人情報保護法であるAmerican Data Privacy and Protection Act (ADPPA)の案が、これまで審議されていた委員会において、議会に提出されることが可決された。米国において連邦レベルでの包括的な個人情報保護法の案が議会に提出されることになったのは史上初である。ADPPAの適用スコープはとても広く、また、米国流の強大なエンフォースメント(FTCによる執行と個人による訴訟提起)によりその実効性が担保されており、成立すれば日系企業への影響は少なくないため、早期の内容把握と自社のビジネスへの影響の評価を始めるべきであると考えられ…続きは下記PDFファイルからご覧ください。

配信申込・変更フォームへ