弁護士等

木津嘉之Yoshiyuki Kizu

パートナー

東京

English 中文(简体) 中文(繁體)

言語
日本語   英語   
主な業務分野
M&A/企業組織再編クロスボーダーM&Aコーポレートガバナンス国際取引全般ファッションEU/EU加盟国欧州各国(除く、EU加盟国)
資格/登録
第一東京弁護士会(2007年登録 60期)

欧州地域を含むクロスボーダー案件に強み。出向経験のあるドイツ、フランスおよびイタリアを含む欧州全域の案件につき、規模に応じた、効率的かつ機動的な案件対応に関与。

欧州地域を含む、国内外のM&A案件を中心に、企業法務全般に従事。約8年に亘る欧州居住経験。ロンドン留学の後、欧州主要国のリーディングファームおよび日本企業のM&A戦略室にて約3年に渡り執務する中、日本企業およびプライベートエクイティファンドをクライアントとする欧州M&A案件に、戦略策定からPMIに至るまで、数多く関与。

現地経験のあるイギリス、ドイツ、フランスおよびイタリアのみならず、スペインのリーディングファームにおける短期研修、案件ベースでのオランダ、ポーランド等への出張も経験し、欧州全域の複数のリーディングファームとのコネクションを活かし、欧州プラクティスチームの主要メンバーとして、案件の規模に応じた、効率的かつ機動的な案件対応に強み

Who’s Who LegalのM&A and Governance 2022 - Legal Marketplace Analysisにおいて、leading individual(日本では2名のうちの1名)に選出。同受賞の中で、“an excellent lawyer”、“a top M&A practitioner” 、特に“cross-border M&A transactions involving Europe”に積極的に取り組んでいると評価。

トピックス

2022年05月

英文契約セミナー「国際取引における売買契約の基本実務~欧米の買収 契約実務も踏まえて~」

セミナー

2022年03月

ウクライナ情勢を受けた欧米日の対ロシア制裁の直近動向(第3回)(2022年3月17日号)

ニューズレター

2022年03月

ウクライナ情勢を受けた欧米日の対ロシア制裁の直近動向(第2回)(2022年3月4日号)

ニューズレター

学歴

2004年
慶應義塾大学法学部 (LL.B.)
2006年
慶應義塾大学法科大学院 (J.D.)
2015年
University College London (LL.M.)

経歴

2015年 - 2016年
Gleiss Lutz法律事務所 M&A/Corporate部門(フランクフルト)
2016年 - 2017年
Gide Loyrette Nouel法律事務所 M&A/Corporate部門(パリ)
2017年 - 2018年
Studio Legale Chiomenti M&A/Corporate部門(ローマ)