メインコンテンツに移動
Language

    中電工、マレーシア上場会社Samaidenの少数株主持ち分を取得

西村あさひ法律事務所は、中電工が、マレーシアの上場会社であり再生可能エネルギー事業を営むサマイデンの発行済株式15.15%およびびワラントを取得し、同社との事業提携に関する覚書を締結することに対してリーガルアドバイスを行いました。
本件は、当事務所パートナーの山中 政人弁護士、ワンメイ・リョン マレーシア弁護士および眞榮城 大介弁護士が担当しました。

弁護士等 People

山中 政人

山中 政人 Masato YAMANAKA

  • パートナー
  • シンガポール

三井安田法律事務所、リンクレーターズ、三宅坂総合法律事務所を経て、2008年4月西村あさひへ入所。2011年に、Norton Rose Hong Kongへ出向した後、2012年西村あさひシンガポール事務所での勤務開始。以後、日系企業のシンガポール、マレーシア、インドネシアを中心としたアジア進出、企業買収、ファイナンス、ジェネラル・コーポレート案件等を支援している。最近では、特にシンガポール、マレーシア及びインドネシアでのパブリックM&Aに強みを持っている。

ワンメイ・リョン

ワンメイ・リョン Wan May LEONG

  • 提携事務所パートナー
  • クアラルンプール*1

マレーシア、ベトナムおよびシンガポールでの居住経験があり、英語、中国語、広東語及びマレー語に堪能である。クライアントに対して法律・実務の両面から解決策を提供する豊富な経験と専門知識を持つ。


2013 年にマレーシア法弁護士資格を取得し、現在は提携事務所 WM Leong & Co の代表を務めている。Nishimura & Asahi (Singapore) LLP のパートナーでもある。

眞榮城 大介

眞榮城 大介 Daisuke MAESHIRO

  • パートナー*
  • クアラルンプール*1

東京事務所での6年間の実務経験後、アメリカの法律事務所へ出向、2014年にシンガポール事務所に入所し、マレーシアはじめ、シンガポール、インドネシア、フィリピン等の東南アジア諸国の株式譲渡、新株引受、合弁組成・解消、事業譲渡、合併、業務提携等のM&A案件やジェネラルコーポレート案件を多数手がける。現在はマレーシア案件を中心に活動している。約10年の東南アジア案件での経験を活かし、依頼者によりそい、現地プラクティスを踏まえた適切なアドバイスを提供する。