危機管理ニューズレター

2021年12月6日、米国のバイデン政権は、初めての包括的な反汚職戦略(United States Strategy on Countering Corruption、以下「反汚職戦略」といいます。)を公表しました。本稿においては、反汚職戦略の背景及び概要を紹介するとともに、反汚職戦略の公表を受けて企業が留意すべき点について解説します。バイデン政権は、2021年6月3日、汚職に対する戦いを米国の国家安全保障上の中心的な利益と位置付け、良いガバナンスの促進を主導し、米国及びグローバルの金融システムの透明性を高め、国内外の汚職を阻止することを表明しました。また、米国司法省(Department of Justice、以下「DOJ」といい…続きは下記PDFファイルからご覧ください。

トピックス

I. バイデン政権による反汚職戦略の公表及び企業における留意点(勝部純
II. 最近の危機管理・コンプライアンスに係るトピックについて(木目田裕宮本聡西田朝輝松本佳子

配信申込・変更フォームへ