金融ニューズレター

香港におけるファクタリング取引 - 債権流動化に係る法制度を中心に(2021年10月28日号)

金融ニューズレター

ファクタリングは売掛その他の金銭債権を利用した資金調達手段としてメジャーなものであり、昨年来の新型コロナウイルス感染症の広がりの影響を受けてはおりますが、世界的にその市場規模は拡張を続けており、FCI(Factors Chain International)によれば、アジア地域の市場規模は約6400億ユーロであり、これは世界市場の約25%を占めます。アジア地域の中でも、中国の規模は約4330億ユーロと圧倒的ですが、それを除けば、日本が約500億ユーロなのに対して、面積としては遙かに小さい香港が日本に匹敵する約450億ユーロの市場規模を持つなど 、大変ファクタリングが盛んな地域で…続きは下記PDFファイルからご覧ください。

配信申込・変更フォームへ