弁護士等

M&A、国際取引、規制対応、訴訟・紛争を中心とする企業法務全般を支援している。

事業再生局面での官民ファンドによるM&A、証券会社と証券取引所間の巨額の損害賠償紛争、日本で初めての買収防衛策の導入、世界に拠点を有する企業間の統合、地政学的なリスクを抱える中東への進出案件、M&Aの価格調整における巨額の仲裁案件など、様々な論点が複雑に絡む案件の経験が豊富。

近時は、安全保障、技術覇権やテロ対策に関する国際社会の関心の高まりを踏まえて、非米国企業にとっての米国の経済制裁や輸出・再輸出規制、及び、日本の輸出規制やマネーロンダリング規制に関する案件に多数関与している。

東京事務所を活動拠点としている。

トピックス

2022年06月

国際通商政策の最前線(第11回・完)人権、環境および経済安全保障をめぐる通商規制の発展と企業戦略

論文

2022年05月

米国ウイグル強制労働防止法の概要および日本企業への留意点

論文

2022年05月

日本の経済安全保障規制の展開

論文

学歴

2001年
東京大学法学部第一類 (LL.B.)
2009年
Columbia University School of Law (LL.M.)

経歴

2009年 - 2010年
Weil, Gotshal & Manges LLP (ニューヨーク)
2010年 - 2011年
三井物産株式会社 法務部出向
2016年 - 2019年
ドバイ駐在員事務所 代表

主な案件実績

2022年

ダイキン工業株式会社:イタリアの総合油圧機器メーカー デュプロマティックMS社を買収

2022年

本田技研工業株式会社:ソニーグループ株式会社とのモビリティ分野における戦略的提携

2019年

発電所建設プロジェクトに関する日本企業間の合弁案件に関して巨額の支払義務の履行を求める仲裁及びその和解

2019年

日本ペイントホールディングス株式会社:Betek Boya ve Kimya Sanayi A.S. 社の株式取得(子会社化)

2018年

一部上場輸送用機器メーカーによるM&A

2016年

シャープによる台湾の鴻海精密工業からの出資の受け入れ

2015年 - 2016年

ヤフーによる一休の買収

2015年 - 2017年

新日鐵住金による日新製鋼の子会社化

2015年 - 2016年

大阪製鐵による東京鋼鐵買収

2015年 - 2016年

合同製鐵によるトーカイ買収

2015年

三菱重工業とインドのマヒンドラ&マヒンドラとの農業機械分野における戦略的な協業

2015年

JASDAQ上場会社による台湾の上場会社に対する第三者割当増資

2014年

日本ペイント(現・日本ペイントホールディングス)によるシンガポール塗料大手ウットラムに対する第三者割当増資及びこれに関連したウットラムとのアジア合弁各社の支配権取得

2014年

東邦チタニウム、CristalおよびTasneeによるサウジアラビアでのスポンジチタン製造の合弁会社設立

2013年

日本の大手旅客鉄道会社グループによる台湾の旅行会社への出資

2013年

三菱重工業と日立製作所の火力発電システム事業の統合