メインコンテンツに移動

二酸化炭素の貯留事業に関する法律の概要について

  • 所外セミナー

二酸化炭素の貯留事業に関する法律の概要について

日時
2024年6月7日(金)15:00〜17:00
会場
オンライン配信 東京虎ノ門グローバルスクエア コンファレンス RoomA+B

紺野博靖弁護士が2024年6月7日(金)に、二酸化炭素地中貯留技術研究組合主催の「第27回CCSフォーラム」において「二酸化炭素の貯留事業に関する法律の概要について」と題する講演を行います。

講師等 Speakers

紺野 博靖

紺野 博靖(スピーカー) Hiroyasu KONNO

  • パートナー
  • 東京

世界でのLNG、バイオマス燃料、石炭、レアメタル、銅鉱石、石油、その他の金属鉱物等の開発及び売買といった上流・中流分野、ならびに日本での国内の電力ガス売買といった下流分野を中心に、資源エネルギー分野を扱う。海外の法律事務所の資源エネルギー部門に加え、新日本石油株式会社(現ENEOS株式会社)、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(現 独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構)、および株式会社JERAに出向或いは嘱託勤務した経験や、行政機関の委員等を務めた経験があり、業界実務と政策動向に幅広い知見を有する。経営的視点も加味し、付加価値のある法的サービスを提供することを心がけている。弊事務所の各部門のエキスパートと緊密に連携し、資源エネルギー分野に起こるあらゆる法的事象に対応。CCS(二酸化炭素分離回収貯留)、カーボンクレジット取引等の二酸化炭素に関わる法的問題にも先進的に取り組む。