メインコンテンツに移動
  • 当事務所主催

N&Aリーガルフォーラムオンライン

EUのサステナビリティ・デューディリジェンス関連法令の最新動向

日時
2024年6月18日(火)15:00~16:00 申込期限:2024年6月14日(金)12:00(JST)
会場
オンライン配信

EUでは、2011年の国連「ビジネスと人権に関する指導原則」を踏まえ、人権課題のみならず環境課題やガバナンスの充実も含むサステナビリティへの取組を企業に義務付ける、サステナビリティ・デューディリジェンスの実施やサステナビリティ関連情報の開示に関する法制化が急速に進んでいます。
本年4月24日には、EU域内外の企業に対して人権・環境デューディリジェンスの実施を義務付けるEUの企業サステナビリティ・デューディリジェンス指令(CSDDD)案も、数年にわたる議論を経て欧州議会にて承認され、企業に求められる従前のCSR対応とは異なる取組内容が具体的な時間軸と共に見えてきています。そのほかにも、企業サステナビリティ開示指令(CSRD)や電池規則、森林破壊防止規則、強制労働製品のEU域内での流通と域外輸出を禁止する規則案など、多くの日本企業に影響を及ぼす関連法令の策定・審議が相次いでいます。
本ウェビナーでは、これらのサステナビリティ関連法令の最新動向の概要とともに、日本企業への影響や、日本企業として今から実施すべき点などを概説します。
また、これらのEUのルールメイキングの中心地であるブリュッセル現地の講師からも、現地の動きを踏まえ、これらの規制の背景や今後の見込み、企業を取り巻く課題、日本企業の対応動向等に関するコメントをいたします。

プログラム Program

1. EUのサステナビリティ・デューディリジェンス関連法制の最新動向等のご紹介
2. ブリュッセル現地からのコメント
3. ご挨拶

講師等 Speakers

藤井 康次郎

藤井 康次郎 Kojiro FUJII

  • パートナー
  • 東京

競争法の分野においては、多数の談合や国際カルテル事件(橋梁、自動車部品、エアカーゴ、フォワーダー、高圧電線等)、日本内外の企業結合審査対応(鉄鋼、資源エネルギー分野、素材産業、電機・電子産業、証券取引所、食料等)、優越的地位濫用事件や最新のインターネット関係の単独行為事案などを手がけてきている。また、鉄鋼業界を代理し鉄鉱石および原料炭の世界的な大手のBHPビリトンとリオティントの事業統合を阻止した案件やLNGのアジア市場における競争環境を促進するための案件も手がけるなど、資源エネルギー分野にも強みを有する。 国際通商法の分野では、経済産業省の政府内弁護士として、中国レアアース事件をはじめに多くのWTO紛争を担当。当事務所においても、国内外のアンチダンピングや補助金相殺関税の申請活動や応訴活動を常時手がけているほか、WTO紛争解決手続への参加を含むWTO協定に関する案件、CPTPP、日EUEPA等の経済連携協定に関する案件、投資協定仲裁に関する案件、輸出管理、投資規制、経済制裁をはじめとする経済安全保障分野の案件を多く手がける。

渡邉 純子

渡邉 純子 Junko WATANABE

  • カウンセル
  • 東京

国内外のコーポレート業務一般、ベトナムその他東南アジア諸国における日系企業の事業展開に関する幅広い業務への7年半にわたる従事経験、及び英国における3年の留学・実務経験を踏まえ、M&A、一般企業法務、アジア法務・ヨーロッパ法務を含む様々な法分野・法域との連携を行いながら、グローバルに急速に変化するサステナビリティ分野において、全方位的に企業の伴走支援を行う。また、国際労働機関(ILO)コンサルタントとしての業務経験も踏まえた、多様なステークホルダーとの連携も強みとする。ビジネスと人権も取扱分野とし、日本企業にアドバイスを提供している。
日本繊維産業連盟が2022年7月に策定した繊維・アパレル業界の人権デューデリジェンスに関する「繊維産業における責任ある企業行動ガイドライン」の策定を、国際労働機関(ILO)コンサルタントとして国際機関の立場から主としてリード。
経済産業省の産業構造審議会の委員を含む、人権及び環境課題に関する政府の各種検討会での委員や大手上場企業のサステナビリティ・アドバイザリーボードの有識者等を務めるほか、役員研修など社内研修依頼・各種セミナー依頼にも数多く対応している。
戦略法務・ガバナンス研究会サステナビリティ分科会アドバイザー。ビジネスと人権ロイヤーズネットワーク運営委員。一般社団法人ビジネスと人権対話救済機構(JaCER)助言仲介委員。一般社団法人中部SDGs推進センター・シニアアドバイザー。International Bar Association Business Human Rights(BHR)Committee /Human Rights Law Committee 委員。

注意事項
  • 視聴環境につきましては、こちらをご参照ください。
  • *本セミナーの録音・録画、内容や資料の無断複製・引用はお控えください。
  • *法律事務所所属の方、本分野に関するコンサルティング事業を行っている方、およびご登録いただいた情報から所属先の確認できない⽅等(メールアドレスがフリーアドレスや携帯アドレスの⽅等)、当事務所が適切ではないと判断するお申込みについては、個別にご連絡することなくご視聴をお断りする場合がございますのでご了承ください。
  • *開催日時・内容につきましては、やむを得ない事情により一部変更になる場合がございます。
  • *本セミナーは収録し、後日アーカイブ配信を予定しています。
  • *本セミナーの資料は配信終了後に配布予定となります。