ダイバーシティ&インクルージョン

"

Diversity & Inclusion宣言

多彩な能力が集まり、それらが一体性を持って機能する。
それこそが、私たち西村あさひ法律事務所が理想とする組織のあり方です。

Diversity(多様性) & Inclusion(受容)の重要性を理解することにより、
性別、年齢、国籍、人種、民族、宗教、障がいの有無、性的指向・性自認、文化、価値観、働き方等の違いを尊重し、受け入れ、
ひとりひとりが自分らしくありのままでその能力を最大限に発揮しあい、
お互いに影響を与えあえる環境が大切だと考えています。

このような環境を実現するために事務所をあげてDiversity & Inclusionを推進します。

西村あさひ法律事務所 執行パートナー
中山 龍太郎

Diversity & Inclusion実現に向けた取り組み

  • 専任組織、会議体の設置
    当事務所では、ダイバーシティ&インクルージョンの推進に積極的に取り組む方針を採用しており、2020年1月に当該方針に沿って、上述の取り組みを含む具体的な施策を進めるために、当事務所の弁護士等およびスタッフにより構成されるD&I推進会議を設置し、活動を開始しております。それに先立ち2019年7月には、ダイバーシティ&インクルージョン推進のための専任組織として、所内においてダイバーシティ推進室を設置し、現在はD&I推進会議と協働しながら関連業務を担当しております。
  • 在日米国商工会議所(ACCJ)による婚姻の平等に関する意見書に対する支持表明
    当事務所は2020年4月、在日米国商工会議所(ACCJ)が公表している婚姻の平等に関する意見書(正式名称:Support the Recruitment and Retention of Talent by Instituting Marriage Equality)に対する支持を表明しました。
  • 「西村あさひ法律事務所 ドメスティック・パートナー等登録規程」の新設
    当事務所の各規程・規則において、同規程に従って登録された弁護士等および所員のドメスティック・パートナー(事実婚のパートナーまたは同性パートナー)を法律上の配偶者と同様に扱い、また、ドメスティック・パートナーとの子を法律上の子と同様に扱うことを定める「西村あさひ法律事務所 ドメスティック・パートナー等登録規程」を、2020年11月に新設いたしました。
  • その他の取り組み
    国籍、ジェンダー、障害の有無など、多種多様なメンバーが心地よい環境で勤務できることを目指し、様々な取り組みを行っております。

所外からの評価

work with PRIDE 2021 Gold
FT Innovative Lawyers Awards: Asia-Pacific 2020
Chambers D&I Awards: Asia-Pacific 2020